傾斜角センサー

モーターサイクル用傾斜角センサーMM5.10


ボッシュは、世界で初めてモーターサイクル用傾斜角センサーの量産・提供を行っています。このセンサーは安全性と快適性、そして性能を向上させるために必要な情報を提供します。

そのために、MM5.10センサーユニットはモーターサイクルの5D慣性信号、ロールレート(ΩX)、ヨーレート(ΩZ)、縦加速度(aX)、横加 速度(aY)、鉛直加速度(aZ)を測定します。傾斜角とピッチ角は、マイクロコントローラーを使用して計算することもできます。この計算には、ホイール スピード関連情報とモーターサイクル固有のパラメーター(タイヤサイズ、タイヤ形状、センサー取り付けの幾何学的位置)が必要となります。すべての信号はCAN経由で送られます。

多くの機能全体が、この情報を使用して実現・促進されます。

  • モーターサイクル トラクション コントロール(MTC)
  • コーナリング時のABS
  • ウィリーコントロール
  • ローンチコントロール
  • 傾斜角感応型ブレーキフォース配分
  • コーナリングライト
  • セミアクティブ ダンピング コントロール
  • ヒル ホールド コントロール
  • 転倒検知

さらに、MM5.10センサーユニットはABS、トラクションコントロール、エンジンマネジメント、ダイナミックコントロール機能など、ボッシュの他のモーターサイクル製品と組み合わせることが可能です。

MM5.10センサーユニットは、ボッシュのコントロールユニットだけでなく、他社製品のコントロールユニットでも組み合わせることができます。