技術開発

私たちが目指すもの、それはパーフェクトなブレーキです

アンチロック・ブレーキ・システムの概念は、自動車やモーターサイクルがまだ少なかった時代からすでに研究されており、早くも20世紀初頭には、飛行機や列車のホイールロックを防止する方法が研究されていました。 最初のモーターサイクル用アンチロック・ブレーキ・システムが市場に投入されたのは1988年で、乗用車用ABSが導入されてから10年後のことです。 そしてボッシュは1995年に、最初のアンチロック・ブレーキ・システムの量産を開始しました。 当時のABS Generation 2L1の重量は4.5kgと相当重いものでした。

すべてのモーターサイクル用ABSシステムは四輪用モデルをベースにしていました。しかし、四輪と二輪ではブレーキ特性がまったく異なります。 そのため、ボッシュのエンジニアは初めてモーターサイクル専用に設計したABSシステムを開発しました。 それがGeneration 9で、このシステムはモジュラー式となっており、小型モーターサイクルから大型ツアラーまで、幅広いモデルに適合させることができます。