二輪車用エンジン制御システム

二輪車用エンジン制御システム
  • 機能

    エンジン制御システム:パワフル、経済的かつ安全な二輪車の核心部


     

    ボッシュのドライブテクノロジーは数十年にわたり世界中の道路で効率性、快適性とドライビング プレジャーの向上に寄与していますが、電子式エンジン制御の利便性をモーターサイクルでも体感できるようになりました。ボッシュのエンジン制御システム(EMS)は、アジア向けの低価格帯の単気筒モデルから欧州や北米向けのパワフルな大型バイクまで、あらゆる種類の二輪車のために最適化したシステムソリューションを提供します。

    ボッシュのEMSは、乗用車用のポート燃料噴射システムをベースにしており、その実績は長年にわたって証明されているソリューションですが、それが特に二輪車エンジン用に適合されました。EMSを組み込んだ二輪車エンジンは、キャブレター式エンジンと比べてピーク性能が向上し、よりスピーディかつダイナミックになるだけでなく、World Motorcycle Test Cycle(WMTC)モードで燃費が7%向上し、実際の都市部などでの走行では約16%向上します。また、ボッシュのEMSを装備した二輪車のドライブ トレインは低品質のガソリンでも高い信頼性を発揮し、故障トラブルとメンテナンスコストを最小限に抑えます。これは、燃料噴射、燃料供給、エアマネジメント、イグニッション、排出ガス後処理、エレクトロニックコントロールユニット(ECU)などのコンポーネントを電子制御システムへ最適に統合することで実現します。

    二輪車メーカーは、ボッシュが提供するEMSシステムの高い機能性と最適なシステムソリューションにより、システムの統合に要する時間と労力を省き、量産へ迅速に移行することが可能になります。

     
     
     
  • 利点

    あらゆる二輪車クラス向けにカスタマイズしたドライブ トレイン


     

    二輪車、モーターサイクルやスクーターは単なる移動手段ではありません。これらがたとえ日常的に自動車の代替品として使われる場合でも、常にエモーショナルな要素が含まれ、使えば使うほど、環境に負荷をかけず、より高い性能と走行快適性が求められるようになります。そして、ボッシュの電子式エンジン制御システムは機械式制御ではかなわなかったさらなる可能性を切り拓くことができます。

    EMS採用でよりクリーンな二輪車に

    電子式エンジン制御システムは、ラムダ値を使用して、噴射される燃料の量と点火タイミングを正確に制御し、効率的な燃焼を促します。また、システムは車両の反応を認識し、それに応じてエンジンの作動を調整します。

    日常生活で魅力を体感

    二輪車の購入者は、単なる移動手段を求めているわけではなく、運転を楽しみたいと考えています。モペッド、スクーターやスポーツバイクはいずれも日常的な乗り物として使用されるだけでなく、レジャーやスポーツにも活用されています。そのため、EMSを採用した二輪車は、クリーン、安全・経済的で使いやすいだけでなく、ライディングもより楽しく感じられるようになります。スロットルの反応はダイレクトに、加速はよりダイナミックになり、電子制御式CVT(無段変速機)により加速性能は最大17%アップします。また、エンジン内の空気の流れがいっそうパワフルになり、最高速度が著しく向上します。

    走行快適性の最先端

    エコ、ノーマル、スポーツといったさまざまな走行モードは、エンジン制御システムを採用した場合にのみ可能です。日常走行での低燃費モード、あらゆる状況に適した出力パフォーマンス、週末向けのダイナミックなスポーツモードなど、ひとつのエンジンで3種類のモードを実現します。ボッシュのエンジン制御システムはいつでもスムーズな冷間始動と静かなエンジン作動を保証するため、二輪車に頻繁に乗る方や、長距離を走行する方には、電子制御による速度調整とリラックスしたクルージングの組み合わせに大きな魅力を感じてい頂けるはずです。

    スマートフォンへの接続

    最新のエレクトロニクスを通じて二輪車とスマートフォンを完全に接続できるようになり、ライダーはいずれ、アプリを使って瞬間燃費や平均燃費、行程の情報を確認できるようになります。また、スマートフォンから燃料供給を遮断し、イモビライザーを起動することが可能です。

    数多くの機能で安全性が向上

    ABS、ESC、トラクションコントロールなどのセーフティシステムは、二輪車の標準装備になってきています。ボッシュのEMS技術は昨今のあらゆるタイプのセーフティシステムに接続できるため、メーカーは高度なシステムネットワークを構築できます。

     
     
     
  • モビリティのエキスパート

    総合的な製品群と高度な専門知識


     

    ボッシュは、EMSを採用した二輪車向けに、個々のコンポーネントから総合的なソリューションに至るまで、さまざまなシステムを提供しています。また、アジア、欧州、北米、南米の二輪車市場の異なる要求に応じてEMSのカスタマイズも行っており、移動手段として使われることの多い、排気量が約125ccの二輪車向けの単気筒エンジンから、パワフルなスポーツバイクやレースバイク向けの250ccを超える多気筒エンジンまで対応しています。

    また、ボッシュが車両メーカーと協力する際は、多岐にわたる技術はもちろん、車両技術の幅広い分野における長年の経験と豊富なノウハウを提供しています。

    システムコンピテンスおよび総合的ノウハウ

    ボッシュは、システムプロバイダーとして個々の構成部品に対する的確な技術的要求を把握し、それらをトータルで機能させる技術を有しています。このトータルソリューションシステムにより当社は、燃料消費量およびCO2排出量の低減やエンジン性能の向上など、最大限に利点を生かすことができます。

    エンジン制御ユニットはすべてのEMSの核心部となるコンポーネントです。ボッシュは快適性と安全性を担うシステムにドライブ トレインの電子制御を結び付けるという技術的課題に挑み続け、それを成し遂げることで機能向上を実現してきました。

    革新的な技術の開発

    自動車分野での革新的技術の推進、そしてテクノロジーリーダーとして、ボッシュは二輪車用EMSソリューションにおいても研究開発を続けています。大規模な量産に適した技術革新を市場へ提供します。研究開発に力を注ぐことにより、二輪車のための革新的なシステムソリューションを提供し、常に車両特性を向上させることに努めています。

    確かな品質と信頼性

    ボッシュのEMSソリューションの品質とそのシステムへの信頼性は、技術的に洗練された二輪車を市場に届ける上で重要な要素です。ボッシュは、自動車開発に関して幅広い専門技術を有し、この技術を二輪車用EMSソリューションに適用できます。

    また、ボッシュは乗用車用システムの開発・製造における豊富な経験を活かし、それを二輪車用EMS技術に適用できます。PFI技術は乗用車でもその信頼性を幾度となく証明しており、世界で最も広く採用されている乗用車用パワー トレインシステムです。組み立てと調整過程を含むボッシュの実績ある製造工程は、すでに乗用車の分野で高い品質基準を確立しており、二輪車用EMSの製造にも活かされています。

    グローバルな事業展開

    ボッシュには、全世界のお客様の近くにEMSソリューションの専門家がいます。二輪車メーカーの近くにいることで、密接で柔軟な協力体制が可能となり、時間やコストの削減につながります。

    アジアでは、移動手段となる二輪車のエンジニアリングと製造の現地化を進め、競争力のある価格設定を行っています。現在、このセグメントの開発と工業化に関わるエンジニアの半数以上がアジア各地で勤務しています。

    ボッシュが現地の要求にどのように対応できるかを示すもうひとつの例が、EMS用のフレックスフューエル技術です。特にブラジルでは、燃料としてエタノールが好まれています。

    長期的なパートナーシップ

    ボッシュでは、複数の専門家チームが精力的かつ専従的に二輪車の開発に携わっています。EMSを採用したエンジン向けの革新的なコンセプトを設計し、実現するために、ボッシュはメーカーと協働し、ドライブ技術を個々のお客様の仕様に合わせ完璧に仕上げています。二輪車メーカーの信頼できるパートナーとして、EMS技術を搭載した車両に対し、その製品寿命を終えるまで徹底したサポートを提供します。それは単なる技術面だけでなく、現地市場の状況、ライダーの文化や情熱、メーカー特有のニーズに対する理解も含まれています。